開業祝いの贈り方やマナー

開業祝いを贈るタイミング
開業祝いはお店や企業などがお店、サービスなどを執り行う店舗を開店させる前に用意して送るのが原則です。タブーとなるのは店舗やサービスを行う店舗が開店してしまった際に、オープン後に渡すことは原則としてふさわしくなく、開店祝いとなりません。遅くともオープン1週間前に開店祝いを送るようにします。そうしないと回転当初前日に開店祝いが到着した場合、向こうの企業の方もオープンに向け最終調整を行っていることでしょうから、忙しい時に開業祝いを持ってこられても邪魔になり迷惑と思われることもあります。

※開業祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由とは?
開店祝いの際に胡蝶蘭が祝い品として選ばれる理由は3つあり、一つは胡蝶蘭の花言葉が幸福を呼ぶという意味で縁起の良い品物である点が一つ、二つはインテリアとして設置した場合華やかであり、贈与した企業としても目立つため好まれる品物だからです。そして最後の三つ目は季節に関係なくオープンするお店に渡すことができるといった利便性の高さです。花束などは季節により合う合わないがありますが、胡蝶蘭ですと季節を選ばずに送ることができ、一年中栽培されていますから売り切れといったことはまず無いはずです。

※開業祝いの胡蝶蘭の相場
では胡蝶蘭の相場はどのくらいになるかを説明しましょう。オフィスギフトなど開業祝いの花束や贈与品を取り扱っているサイトや花屋さんでは相場としては一般的な取引先の方々ですと1万円台からの胡蝶蘭の花束になり、3万円台の花束になります。深い付き合いのあるかたがたに贈与する場合は3万円以上の花束になり、少なくとも胡蝶蘭は5本立てになります。ですので、一般的な付き合いとそれ以上の付き合いということを考慮すると4万円か5万円くらいの花束が失礼に当たらない妥当な金額になります。

※するとかなり失礼、開業祝いのタブー
開業祝は別に花束などではなくても良いのですが、絶対にしてはいけないマナーというものがあり、これを送ることは絶対に許されないという贈与品があります。一つは,花等の場合、花一つ丸ごと落ちる花については花丸ごとボトリと落ちるため売り上げを連想した場合、売り上げが落ちるものとされるため好まれる贈与品ではありません。こちらは縁起が悪いということですから忌み嫌われる贈与品です。2つ目は火を連想させる贈与品は絶対に避けたほうが良いです。例えばストーブやライター、タバコなど火を連想させるものは火事を連想させますので企業や個人の開店祝いとして送った際、家事で全焼してくれといっているように捉えられ最悪、後の取引などに影響が出る場合があり、絶対にしてはいけない贈与品になります。どちらの贈与品も縁起に関わる贈与品ですがそれだけ、開業祝いというものは縁起を気にする贈与品であるということになります。

※開業祝いに添えるメッセージの書き方
開業祝いを贈る際、メッセージを沿えて相手先に送りたいと考える方の中にはメッセージの書き方が分からないという方も多くいるかと思います。実はこのメッセージも相手先に添えて送る際、失礼に当たるメッセージというものがありまして、マナーがあります。そのマナーとは忌み語を使用してはいけないというもでして、例えば、開業祝の際、「火」を連想する言葉を使用すると相手先の企業の方から見れば全焼を意味する言葉ですから「燃える」という言葉を使用することもマナー違反になることは分かりますよね。他にも商売に関係している忌み語がありまして、「廃れる」、「潰れる」、「壊れる」といった言葉も使用してはいけない言葉になります。以上を踏まえて忌み後に触れないよう、取引先の場合は落ち着いた文面で文章を構成して、デザインも落ち着いたデザインでメッセージを添えると良いでしょう。知人などの開業祝いでメッセージを添える場合ですと知人の好みに合わせた文章やデザインでメッセージを添えても許されますが注意点はやはり、忌み語は絶対に使用しないようにしましょう。そうしないと後から知人とは言えどクレームが着たり、最悪、友人関係にヒビが入る可能性も大いにあります。それほど、開業を祝う際のメッセージの作成というものは気を使わなければいけないということです。どうしてもメッセージを作成することに自身が無いのであれば、プロの方に代筆を頼むこともできますのでどうしても自分の力でメッセージを添えられそうに無い場合は代筆を頼むという手もあります。代筆はインターネット上からプロの方に頼むことも出来ますし、祝儀袋などを販売している販売店でもサービスとして行っているお店もありますのでそういったお店を利用し、代筆を頼むというのも一つの手になります。そこで、プロの方に代筆を頼む場合、事前に送る方の間柄などを説明しておいたほうがメッセージを作成して貰う際、プロの方もメッセージを構築しやすくなりますので送る企業や個人の方との間柄を説明したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です