就任祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由と、気をつけたいマナー

大切な人の大事な門出には、それに最もふさわしい物を選んで贈りたいものです。それが重要なビジネスパートナーだとしたら、尚更そう思う人もいるかと思います。そんな悩みを持つ人の中でも、人気が高い就任祝いのプレゼントが胡蝶蘭です。胡蝶蘭は来店祝いや引っ越し祝いなどでもお馴染みの花なので、店先やパーティー会場でも目にしたという人もいるのではないでしょうか。しかし、どういった理由で胡蝶蘭がお祝い用のプレゼントに適しているのかご存知でしょうか。その理由を知っているだけで、相手へ贈る気持ちも変わってくるというもの。一体、胡蝶蘭が就任祝いに最適な理由とはどのようなポイントが挙げられるのでしょうか。

まさに、新しいスタートをすることにピッタリの花言葉。この花言葉を知っている人が胡蝶蘭を贈られたら、その喜びもより具体的なものとなることでしょう。また、胡蝶蘭の花言葉には色によって、また違った意味合いを持っています。例えば、白は「清純」といった清らかなイメージを連想させるものとなっており、「幸運が飛んでくる」という共通した花言葉をより安定した印象にするものとなっています。また、ビジネスシーンにおいて、信頼関係を結ぶには、潔白な精神が必要になります。その姿勢を見せるという意味でも、白い胡蝶蘭はビジネスシーンで活躍します。

次にオススメな理由は、胡蝶蘭の持つ見た目の豪華さにあります。胡蝶蘭の見た目はまさに豪華絢爛。その場所にあるだけで、空気が華やかになります。また、来場客の目を引くこともあり、インパクトを与えることに繋がります。「華やかな胡蝶蘭を贈られる程の強いカリスマ性がある人物という印象も与えることが出来るかもしれません。さらに、胡蝶蘭はその華やかさが長持ちするという特徴も持っています。通常、お祝いのプレゼントとして花を贈ったとしても、せいぜい数週間で花がしおれてきてしまいます。しかし、胡蝶蘭はきちんとした生育環境に置いておけば、1ヶ月はその姿を楽しむことができます。さらに花粉や香りが少ないので、たとえオフィスに置いていたとしても、影響が少ないです。さらに一年中安定した生産がされているので、どの季節にも贈ることが出来る利便性も見逃せません。逆に言えば、それほどの魅力が胡蝶蘭にはあると言えるでしょう。

しかし、初めての就任祝いで悩むのはプレゼントの値段相場ではないでしょうか。少なすぎたら失礼にあたりますし、高すぎるものをプレゼントしても、悪目立ちする恐れがあります。役員の就任祝いの場合でしたら、10,000円から30,000円程度を予算にしておきましょう。胡蝶蘭の値段も大体その付近で用意されているものが多いです。それだけ就任祝いに使われる花だと言う証明にもなります。花屋や通販サイトなどではビジネスシーンでふさわしい胡蝶蘭のセットを場面別で用意しているところもあります。もしも相場で悩んでいるときには、このようなところを参考にするのも良いかもしれません。

最後に、就任祝いを贈る際のマナーですが、こちらは非常に重要となります。何故なら、これを間違えることによって、相手先に迷惑をかけることになるかもしれないからです。最も多いとされているNGマナーは、就任祝いを贈るタイミングです。会社によって、就任式を開催するのかどうか分かれるケースがあります。そのため、就任式が開催されるときには、就任式の会場にしっかりと就任祝いが届けられるようにしましょう。逆に、就任式が開催されないときには、相手の会社に届くように心がけましょう。就任式が開催されるときに贈るタイミングは、配送する際には前日、または当日の朝には届くように手配しましょう。持参する場合には、パーティー会場に直接持っていく形で構いません。また、会場に胡蝶蘭などの花を贈るというときには、花の受け取りが出来るかどうかという点と受付が可能な時間をしっかりと確認してから配送するようにしてください。就任式が開催されない場合の就任祝いを贈るタイミングは、配送する場合には就任日の当日に届くように手配しましょう。持参するという場合には、きちんとアポイントメントを取った上で、正式な就任日以降に会いに行きましょう。あまり日が空くと良くないので、早めに会いに行くのがベターです。必ず守っておきたい就任祝いを贈るマナーとして、正式な就任日以降に就任祝いを贈るという点があります。何故なら、前任の社長が在職しているのに就任祝いを贈るのはマナーに反するからです。きちんと確認を取り、正式な就任日と就任式の有無は必ず確認してから就任祝いを贈るようにしましょう。

就任祝いは、その特別な日を祝う大切なものになります。今後のビジネスパートナーシップを良好に保つためにも、滞りなく行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です