バレンタインデーとしての始まり

兵士の戦意喪失になりかねないとし禁じられていた結婚を、密かに行わせていたのが、3世紀当時のバレンタイン。

愛し合う若者が結婚出来ないということを哀れに思ったそうです。

しかし、その行為が皇帝に知られ、バレンタインは処刑されてしまいました。その処刑された日が2月14日です。

今では、ピンクや赤のハートの飾りつけに彩られ、街中がハッピーな雰囲気に包まれますが、私たちがこうして好きな人に愛の告白を自由に行えるというのは、バレンタインという、強い意志を持った方がいてくれたからなのですね。

しかし、まだこの時点では、愛の告白をする日=バレンタインデーとはなっていません。

その後、バレンタインはキリスト教から聖人とされ、殉教した14日を花束などを贈りあう行事の日としました。

のちに、イギリスで、ギフト用のチョコレートボックスを製造し、14日にチョコレートを贈るという習慣が広まり始めました。

日本でも、モロゾフがバレンタインチョコという広告を出し、キャンペーンが行われることで、徐々に浸透していったと言われています。

今では、バレンタインと言えば、チョコというイメージが浸透してしまっていますが、本来は花束やカードなどを贈りあって、結婚を許そうとしてくれたバレンタインに感謝すべき日なのですね。

また、女性から男性への愛の告白の日、としているのは、日本特有だそうです。

バレンタインに感謝すべき日が、親しい人へカードや花束を贈る日となり、そのうち贈り物がチョコレートになり、いつの間にか、好きな人への愛の告白日とされ、しかも女性からの告白に。

もしかしたら、様々な企業の戦略に躍らされているだけかもしれませんが、実際に楽しんでいるのは私達。

今年もやってくるバレンタインに胸を躍らせているのは、女子だけではなく、男性もかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です